火曜日, 6月 29, 2010

ラッセル格言・名言(n.004)



 将来に期待して、現在の意味はすべて未来の(もたらすものの)中にある、と考える習憤は、有害(な習慣)である。(なぜなら)部分に価値があるのでなければ、全体に(も)価値はありえない。人生は、ヒーローとヒロインが、信じられないような不運(逆境)を乗り越え、最後にはハッピーエンドで報われる、といったメロドラマの類推で思い描かれるべきではない。(出典:『ラッセル幸福論』第2章「バイロン風の不幸」)
(The habit of looking to the future and thinking that the whole meaning of the present lies in what it will bring forth is a pernicious one. There can be no value in the whole unless there is value in the parts. Life is not to be conceived on the analogy of a melodrama in which the hero and heroine go through incredible misfortunes for which they are compensated by a happy ending. )
 http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA12-030.HTM
コメントを投稿