火曜日, 6月 22, 2010

『ラッセル自伝』から(n.002)





ペンブローク・ロッジには、11エーカーの庭があったが、その大部分は荒れるがままに放置されていた。この庭は、18歳の年齢に達するまで、私の人生において非常に大きな役割をはたした。庭から西方に向けて、エプソン・ダウンズ(Epsom Downs: 私は当時それを ups and downs という名だと思いこんでいた。)からウィンザー城にいたる広大な眺望があり、その間にはハインドヘッドの丘とリースの丘があった。私は広大な地平線や視界を遮るものがない日没の光景を見慣れて成長した。そのため、それ以来ずっと、その両方なしではけっして幸福に暮らすことはできなかった。
(Pembroke Lodge had eleven acres of garden, mostly allowed to run wild. This garden played a very large part in my life up to the age of eighteen. To the west there was an enormous view extending from the Epsom Downs (which I believed to be the 'Ups and Downs') to Windsor Castle, with Hindhead and Leith Hill between. I grew accustomed to wide horizons and to an unimpeded view of the sunset. And I have never since been able to live happily without both.)




コメントを投稿