金曜日, 7月 16, 2010

ラッセル格言・名言(n.011)



 戦争、虐殺、迫害は、すべて退屈からの逃避の一部(→逃避から生まれたもの)であり、隣人とのけんかさえ、何もないよりはましだということが見出されてきた。それゆえ退屈は、人類の罪の少なくとも半分は、退屈を恐れることに起因していることから、モラリスト(道徳家)にとってきわめて重要な問題である。
(出典:『ラッセル幸福論』第4章「退屈と興奮」) http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA14-030.HTM
Wars, pogroms, and persecutions have all been part of the flight from boredom; even quarels with neighbours have been found better than nothing. Boredom is therefore a vital problem for the moralist, since at least half the sins of mankind are caused by the fear of it.
コメントを投稿