日曜日, 7月 11, 2010

ラッセル格言・名言(n.008)



競争の哲学'によって毒されているのは、仕事だけではない。余暇も、同じように毒されている。静かで、神経(の疲労)を回復してくれるような余暇は、退屈なものと感じられる。競争は絶えず加速される運命にあるため、その当然の結末は、薬物(依存)であり、衰弱(気力喪失)である。(出典:『ラッセル幸福論』第3章「競争」)
http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA13-060.HTM)
(It is not only work that is poisoned by the philosophy of competition; leisure is poisoned just as much. The kind of leisure which is quiet and restoring to the nerves comes to be felt boring. There is bound to be a continual acceleration of which the natural termination would be drugs and collapse.)
コメントを投稿