水曜日, 8月 25, 2010

ラッセル格言・名言(n021.)



何らかの災難が迫ってきたときには、起こる可能性のある最悪の事態はどのようなものか、真摯かつ慎重に考えてみるとよい。起こりうる災難を直視した後は、それは結局、それほど恐ろしい災難ではないだろうとみなすに足る、しっかりした理由を見つけるとよい。そのような理由は、常に存在している。なぜなら、最悪の場合でも、人間に起こることは、宇宙的な重要性を持つものは一つもないからである。しばらく最悪の可能性をしっかり見すえ、真に確信をもって、「いや、結局、それはそれほど重要なことではないだろう」と、自分自身に言いきかせたとき、あなたは自分の心配事がまったく驚くほど減っていることに気づくだろう。
 http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA15-050.HTM
When some misfortune threatens, consider seriously and deliberately what is the very worst that could possibly happen. Having looked this possible misfortune in the face, give yourself sound reasons for thinking that after all it would be no such very terrible disaster. Such reasons always exist, since at the worst nothing that happens to oneself has any cosmic importance. When you have looked for some time steadily at the worst possibility and have said to yourself with real conviction, 'Well, after all, that would not matter so very much', you will find that your worry diminishes to a quite extraordinary extent.
コメントを投稿