水曜日, 8月 11, 2010

ラッセル格言・名言(n.0016)



自分のライフスタイルを選択できるほど裕福な人々の間において、特に彼らが苦しんでいる耐え難い退屈は、逆説的であるように思われるかもしれないが、退屈への恐れにその原因がある。実りある退屈から逃げることで、別の、より悪い種類の退屈の餌食になってしまう。幸福な生活は、大部分、静かな生活でなければならない。なぜなら、真の喜びは、静かな雰囲気の中でのみ、生きながらえることができるからである。(『ラッセル幸福論』第4章「退屈と興奮」から)  
 http://russell.cool.ne.jp/beginner/HA14-070.HTM
Among those who are rich enough to choose their way of life, the particular brand of unendurable boredom from which they sufier is due, paradoxical as this may seem, to their fear of boredom. In flying from the fructifying kind of boredom, they fall a prey to the other far worse kind. A happy life must be to a great extent a quiet life, for it is only in an atmosphere of quiet that true joy can live.
コメントを投稿