火曜日, 9月 29, 2015

★ ピーター・F・ドラッカー(著)上田惇生(訳)『(新訳)新しい現実-政治,経済,ビジネス,社会,世界観はどう変わるか』(ダイヤモンド社,2004年1月刊/ドラッカー選書n.10)(2015.9.29)
* P. F. ドラッカー(Peter, F. Drucker, 1909~2005):米国の著名な経営学者。
* 原著:The New Realities, by P. F. Drucker, 1989.

 次にご紹介する文章(ちょうど一段落分)は,本書(p.296)のなかでは,字下げがされ,引用の形になっている。しかし,どの本からとられたか,本書のどこにも書かれていない。おかしいと思い, Google Books で全文検索したところ、原書では字下げはなく,つまり,この段落は引用ではなく,ドラッカーの地の文であることが判明した。  初版本(初刷り)で,チェックが甘くて出版してしまった,ということならありうることであろうが,本書は,「新訳」となっていることから,それは理由にならず,お粗末である。(M) ===========================================================  コンピュータは、一七世紀末のドゥニ・パパンの時代に始まった機械的な世界という、分析的かつ概念的なプロセスの究極の表現だった。コンピュータは、パパンの同時代人で友人だった数学者ゴツトフリート・ライプニッツの、あらゆる数字はデジタルにつまり1と0によって表現できるという発見に端を発していた。その後、バートランド・ラッセルとアルフレッド・ホワイトヘッドの『数学理論』(1910-1913)【 Principia Mathematica は,ニュートンのプリンキピアにならっており,ラテン語からきていることから『プリンキピア・マテマティカ』と表記するのが標準となっている。あえて訳す場合は『数学原理』とすべきであろう。】が、ライプニッツの発見を論理に発展させた。その結果、あらゆる概念が1と0によって表現できることになった。 ============================================================

コメントを投稿